MENU

じゃいへの寄付はどこからできる?やり方や銀行口座情報まとめ!

じゃいへの寄付はどこからできる?
  • URLをコピーしました!

インスタントジョンソンのじゃい(50)さんが巨額の追徴課税で破産したことが明らかになりました。

その額の大きさが話題になっています。じゃいさんは、

競馬の収入に対する納税額が高すぎる。競馬ファンが安心して楽しめるようにしたい

として競馬の税制度の改善を求め、不服の申し立てをしました。

但し、裁判には多額の弁護士・税理士費用がかかるため現在、寄付を募っています。

「微力ながら応援させてください」

「寄付はどこからできるの?」

「寄付のやり方や銀行口座が知りたい!」

こちらの記事では

  • じゃいへの寄付のやり方や口座情報のまとめ
  • じゃいに集まった寄付金や声
  • じゃいが競馬の税金問題で不服申し立てした理由

についてご紹介します。

目次

じゃいへの寄付の方法は?口座情報まとめ

じゃいさんは現在、競馬界の税制度を変えてほしいという思いを胸に不服申し立てをしています。

その為に必要な弁護士・税理士費用などの為、資金の為に寄付をしてほしいと呼びかけています。

「安心して競馬ファンが競馬を楽しめるための税制度の改正の為」

同じ思いを持つファンの方から熱いメッセージや寄付をしましたという声があふれています。

じゃいへの寄付方法①銀行振り込み

じゃいの銀行口座

  • 銀行名  PayPay銀行
  • 支店   006
  • 口座番号 5742114
  • 口座名義 ワタナベ タカヒロ

じゃいへの寄付方法②paypayIDで送る

じゃいのPayPay ID

  • ID   injonjay  → ワタナベタカヒロ (じゃい)

寄付の金額

寄付の金額は100円から上限1,000円まで

寄付の金額設定の理由

  • 沢山の人に賛同いただくことが大きな力になること
  • 皆さんの負担にならないため

じゃいに集まった寄付金と励ましの声

じゃいさんに集まった寄付金の金額は

2022年6月21日現在 約9,000人の方から総額4,416,400円

集まった寄付金は、2022年6月18日時点では 約7,000人の方から総額400万円でした。

お金というよりも、これだけの人が応援してくれてるんだよってことを知らせたいという気持ちです。

2022年6月18日 「じゃいちゅ~ぶ」にて

6月16日の時点では、集まった寄付金は約1,000人から総額80万円でした。

じゃいさんへの励ましの声

  • クラウドファンディング立ち上げて、戦ってほしいです。
  • 微力ですが、応援します。
  • 本当おかしいですよね。競馬をやる意味がない。
  • これからも応援しています。元気だしてください。
  • 二重課税、税収の問題を提議頂き嬉しく思います。
  • 1.1倍の複勝に大金入れる意味は皆無になってしまいますね。
  • 矛盾したピンハネ法が改正されるといいですね。

投資家テスタさんも!

じゃいさんからの感謝のツイート

じゃいが競馬の税金問題で不服申し立てした理由

最後になりますが、今回じゃいさんが不服申し立てをした件についておさらいします。

じゃい、競馬の納税で「破産しました」

2022年6月5日、自身のYouTubeを更新。

「破産しました。」というタイトルで競馬の税金の支払いで借金を負ったことを明らかに。

税務署が入り、数千万円の追徴課税を求められたことを報告しました。

じゃいさんの競馬の税金で破産した流れをわかりやすくまとめると・・・

  • 2020年12月に川崎競馬で的中し、6410万円の払い戻しを受ける。YouTubeで配信。
  • じゃいさんとしては毎年正しく納税していたつもりだったが、今回、申告の仕方に指摘が入った。
  • レースの馬券代の経費計上は勝ったレースのみ。
  • その他の負けた馬券代については経費として認められない。
  • そのため、経費として認められない分を戻して過去5年分を修正申告。
  • 結果マンションが買えるほどの追徴課税の請求があり、手持ちでは足りず借金をして納税し、破産をした。
  • じゃい「納税なんてもんじゃない」「カツアゲレベル」

巨額徴税へ不服申し立て!競馬の税制度見直しのため

じゃいさんの苦しい胸の内

巨額の徴税に対して、法律なので、払おうと思いましたが、さすがにおかしいと思った。

裁判をしようと思ったが、最低でも6年はかかると言われました。

弁護士と税理士をつけると数千万円の費用がかかるとのこと。

さすがに裁判はしんどいと思い、折れまして支払うことにした。

不服申し立ては競馬の税金に関する制度の見直しが目的

  • 昔から競馬ファンの間でささやかれていた2重課税
  • 今回の件での多くの皆さまの「おかしい」という声
  • 税務署で働いている方からの「僕も理不尽だと思います」という声

に後押しされて法律を変えるために、じゃいさんは不服申し立てをする覚悟を決めたとのことです。

多額の費用の捻出のため寄付を集めることにした

じゃいさんがTwitterで寄付を募ったときのメッセージ

  • 今回の申し立てにかかる弁護士・税理士費用を払える力がないため、寄付を募ることにした。
  • 自分一人の力ではどうすることもできないので、多くの皆さまの力が必要。
  • 寄付は100円から上限は1,000円まで。
  • 微力でもみんなが力を合わせれば強大なものになる。
  • なるべく皆様の負担にならないように。
  • とにかく皆様の「数」が力になります。
  • 皆様と力を合わせて競馬ファンが安心して楽しめる競馬界にしたいと思っている。
  • 集まった金額、人数は随時公開いたします。
  • ぜひ力を貸してください。

まとめ

じゃいへの寄付はどこからできる?やり方や銀行口座情報のまとめについてご紹介しました。

  • じゃいさんへの寄付は①PayPay銀行へ振込と②PayPayでIDを使って残高を送る
  • じゃいさんへ多くの方から励ましと応援の声が集まっていること
  • じゃいさんが行った不服申し立てについての一連の流れ

がわかりました。

こちらの記事が競馬ファン並びに競馬の税制度の見直しに賛同する方の参考になりましたら幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

日常の気になる話題やふとした疑問。

そんな時にお力になれるような情報を

丁寧にお届けしたいと思っています。

暮らしを楽しく面白くがモットーです。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる