MENU


三遊亭円楽(6代目)の名言まとめ!無料で聴ける落語はある?【Apple Music】

三遊亭円楽(6代目)の名言まとめ!無料で聴ける落語はある?【Apple Music】
  • URLをコピーしました!

2022年9月30日、六代目三遊亭円楽さんが肺がんのため死去しました。

円楽さんと言えば、腹黒、毒舌、人情味が魅力と言われ

「腹黒キャラで、歌丸師匠とのやり取りがとても面白かった」

「発想力が素晴らしく、毒舌だけど、人のツボをつかむ天才!」

などとコメントされ、落語界きっての人気者でした。

こちらの記事では

  • 三遊亭円楽(六代目)の名言集!無料で聴ける落語も紹介【Apple Music】

というテーマで、円楽さんの人情味あふれる名言をふりかえります。

目次

三遊亭円楽(6代目)のプロフィール

  • 6代目三遊亭圓楽(旧名・楽太郎)1950年2月8日生まれ・72歳没
  • 名跡は1970~2010年は三遊亭楽太郎、2010~2022年は圓楽。師匠は5代目三遊亭圓楽
  • 1977年から笑点の大喜利メンバーに加入
  • 放送演芸大賞最優秀ホープ賞(1979年)若手落語家努力賞(1981年)

三遊亭円楽(6代目)の名言まとめ

2022年8月11日 国立演芸場にて

Twitter

みっともなくてもいいから死ぬまでやります

「ありがとうございます。とにかくここまで帰ってきました。歩いて出てきて、しゃべって帰れるまで頑張る」

昔覚えた落語は忘れてないんだよ」

「ICUから3度目の帰還。みんな歌丸が悪い

「これから後の人生急がない。のんびり、のんびりやっていく」

「なんで急がないかというとNO高速(脳梗塞)だからね」

医者とのやり取りで会場は大笑い

痛み止めの注射が(逆に)痛えのなんの、痛くないかって聞くから

「私は病院なんかに居たくない」って言ったんだよ。

すると(医者は)「座布団一枚」って言ったの。

2022年1月に脳梗塞で倒れ、リハビリ中に、約7カ月ぶりに高座復帰した時の名言の数々。

高次脳機能障害で新しい出来事が覚えられないことも明かしました。

2018年に他界した桂歌丸さんネタで盛り上げ、自らの脳梗塞も笑いに変えました。

2018年7月8日 桂歌丸師匠の追悼大喜利にて

「歌丸師匠、一緒に回答者だった頃、そして司会者になられても私の悪口をやさしく受け止めてくれて、罵詈雑言にも耐えていただいて、ありがとうございました」

と挨拶。その後、

最後に一言、言わせてください。ジジイ、早すぎるんだよ!」と叫びました。

桂歌丸さんが81歳で亡くなってから、初めての「笑点」で、笑点メンバーが歌丸さんが喜びそうな大喜利を披露した「追悼大喜利」での一コマです。

その他の名言集

Twitter

学生時代は本の一冊も読まなかったのに社会に出てから猛烈に勉強したくなることもあるじゃないですか。
そうしたらそこから始めればいい。
「あの時やっておけば···」などと悔やむことはありません。
大事なのは気付いたときにどうするか。

たとえ回り道だったとしてもその経験は確実に自分の糧になる

どうせだめだからやらないっていうけど、失敗したって何かが残るし、失敗から何かが生まれるかもしれない。

やんなきゃ何もわからないです。絶対に。

思うに、病気は芸を変えてくれるね。芸を変える機会をくれる。命を獲られちゃダメだけど、命の大事さと、それから落語ができる喜びを教えてくれるよ。

『流されて円楽に 流れつくか圓生に』より

今回の騒動とかけまして、東京湾を出ていった船と解きます。(その心は)“コウカイ”の真っ最中です

不倫釈明会見より

なぜ学校に行かなきゃ行けないの?と子供にきかれた三遊亭円楽師匠は

「学校が来てくれないからだよ」

誰だってまっすぐな道ばかりを歩けない。

その都度、試行錯誤しながら生きていくのが成長じゃないでしょうか。

僕は「リセット」「リスタート」「リメイク」という三つの「リ」が好きなんです。

ダメだと思ったら「リセット」元に戻してやり直せばいい。

たとえ何歳だろうと「リスタート」つまり再出発できる。

失敗したら「リメイク」作り直せばいいんですよ。

三遊亭円楽の無料で聴ける落語【Apple Music】

三遊亭圓楽さんの落語を無料で聴けるコンテンツがあります。

AppleミュージックAmazonミュージックから、聴けます。

三遊亭圓楽1「朝日名人会」ライヴシリーズ126より

「船徳」「浜野矩随」「一文笛」「ねずみ」の4席です。

まとめ

三遊亭円楽(6代目)の名言まとめ!無料で聴ける落語はある?【Apple Music】

というテーマでお伝えしました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

日常の気になる話題やふとした疑問。

そんな時にお力になれるような情報を

丁寧にお届けしたいと思っています。

暮らしを楽しく面白くがモットーです。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる