MENU


再稼働させる原発はどこ?高浜や美浜の見込み?【2022冬】

再稼働原発どこ?高浜美浜?
  • URLをコピーしました!

岸田首相が2022年7月14日の記者会見にて、原発について発言をしました。

荻生田光一経済産業省に対して、今冬に最大9基の原発の稼働を進めるよう指示したとのことです。

こちらの記事では

  • 再稼働させる原発はどこ?
  • 現在の原発の状況は?

についてご紹介します。

目次

岸田首相が今冬最大9基の原発稼働を指示

2022年7月14日、岸田首相が記者会見を行いました。

首相は下記のように発表しました。

荻生田光一経済産業相に対して指示した内容

電力需給の逼迫が懸念される今冬までに

できる限り多くの原発、この冬で言えば最大9基の稼働を進め、

日本全体の電力消費量の約1割に相当する分を確保する。

さらに、電力消費のピーク時に余裕を持って安定供給できる水準を目指すため

火力発電の供給能力を追加的に10基目指して確保することも求めたとのことです。

これらが実現するとどうなる?

  • 過去3年間で最大の供給力を確保することにつながる
  • この冬だけでなく、将来にわたって電力の安定供給が確保される

岸田首相は「政府の責任であらゆる方策を講じ、全力で取り組むと語りました。

再稼働させる原発はどこ?現在の原発の状況は?

www.nippon.com

稼働の対象となる原発 (太字下線は現在稼働中)

  • 大飯発電所 (福井県・関西電力) ①3号機と②4号機
  • 美浜発電所 (福井県・関西電力) ③3号機
  • 高浜発電所 (福井県・関西電力) ④3号機と⑤4号機
  • 伊方発電所 (愛媛県・四国電力) ⑥3号機
  • 川内発電所 (鹿児島県・九州電力) ⑦1号機と⑧2号機
  • 玄海発電所 (佐賀県・九州電力) ⑨3号機

以上9基はいずれも原子力規制委員会の審査を通過し、一度は再稼働した原発です。

西日本エリアに集中しており、いずれも事故を起こした福島第1原発とはタイプが異なる「加圧水型」です。

しかし、7月14日の時点で稼働しているのは、上記の発電所のうち

①大飯3号機 ⑥伊方3号機 ⑦川内1号機 ⑧川内2号機 の4基です。

上記以外で玄海4号機 は現在、調整運転中です。

稼働の対象となる原発のうち、残り5基は、テロ対策施設の完成が遅れるなどしていったん停止しています。

「最大9基を稼働」ということですので、現在4基稼働中ということは、最大で残り5基を今冬に再稼働させる

ということだと解釈できます。

上記の候補のうち下記の原発がまだ再稼働できていませんので、これらの原発を再稼働させるということですね。

残り5基の候補の原発

  • 大飯発電所 (福井県・関西電力) ②4号機  (福井県大飯郡おおい町大島1字吉見1-1)
  • 美浜発電所 (福井県・関西電力) ③3号機 (福井県三方郡美浜町丹生66号川坂山5番地3)
  • 高浜発電所 (福井県・関西電力) ④3号機と⑤4号機 (福井県大飯郡高浜町田ノ浦1)
  • 玄海発電所 (佐賀県・九州電力) ⑨3号機 (佐賀県東松浦郡玄海町今村)

今回の岸田首相の発言は、

電力需給が厳しい冬までに運転を再開させたい考えを示したものとなります。

SNSの反応

  • 岸田総理が原発再稼働を決断しました。ありがとうございます。
  • 原発再稼働に真向きな姿勢見せただけでも指示する。
  • 安倍晋三総理は永遠の総理だけど、岸田総理も原発再稼働するなら応援する。
  • 国葬に原発再稼働。国民の喜びの声。岸田総理に届け。
  • 現実的な英断だと思います。安倍さんの意思を引き継ぎ、決断と実行してくれることを期待したいと思います。

まとめ

岸田首相の発言を受けて、再稼働させる原発はどこかと現在の稼働状況についてをまとめました。

現在、電気代が高騰していますし、電力不足のために寒さで冬を越せないということがないように

安全第一で実行されるのを待たれています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

日常の気になる話題やふとした疑問。

そんな時にお力になれるような情報を

丁寧にお届けしたいと思っています。

暮らしを楽しく面白くがモットーです。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる