MENU


玉川徹の炎上理由はなぜ?謹慎処分も電通発言を問題視する声も

玉川徹の炎上理由はなぜ?謹慎処分も電通発言を問題視する声も
  • URLをコピーしました!

2022年10月4日、テレビ朝日が玉川徹さんを同日付で「謹慎10日間」の懲戒処分としたことを発表しました。

「羽鳥慎一モーニングショー」のレギュラーコメンテーターとして出演している玉川徹さん。

国葬の菅義偉元首相の弔辞について「電通が入っています」と発言したことが問題となり炎上していました。

「10日とは、処分が甘すぎる」

「どうして今朝も番組に出ていたの?」

など、ネットでは、玉川徹さんに対しての処分が発表されても、いまだに炎上しています。

こちらの記事では

  • 玉川徹の炎上理由はなぜ?謹慎処分も電通発言を問題視する声も

というテーマでお伝えします。

目次

玉川徹が10日間の謹慎処分!国葬の電通関与発言【羽鳥慎一モーニングショー】

2022年10月4日、テレビ朝日は定例会見で、同社社員・玉川徹さんに対して、10月5日から10日間の謹慎処分を下しました。

局として電通に謝罪を入れたことも明かしています。

玉川徹さんは情報ワイドショー番組「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系 月~金曜午前8時)のレギュラーコメンテーターを務めています。

玉川徹さんに今回の処分を下した理由は?

「2022年9月28日『羽鳥慎一モーニングショー』で事実に基づかない発言を行い、その結果、番組及び会社の信用を傷つけ、損害を与えたことによる処分である。また、その管理監督責任を問うものである」

テレビ朝日

同じく、『羽鳥慎一モーニングショー』の制作を手掛ける報道局情報番組センターのセンター長とチーフプロデューサーにも、けん責処分を下しました。

9月28日の放送、玉川徹さんの問題の「電通発言」とは?

国葬の話題で、菅義偉元首相の弔辞が感動したという点などについて、話し合っていたときのことです。

玉川さんは

「これこそが国葬の政治的意図」

「僕は演出側の人間として、テレビのディレクターをやってきましたから、そういうふうに作りますよ」

「政治的意図がにおわないように制作者としては考えます。当然これ、電通が入ってますからね」

と、菅義偉元首相の弔辞が電通が入った演出だと主張するような発言をしました。

すかさず、羽鳥慎一アナが、「見方はいろいろあると思います」とフォローしたのですが、

「菅さん自身は自然にしゃべってるんですよ。でも、そういう届くような人を人選として考えてるってことだと思います」

と先ほどの話を続けました。

「電通だったのか?」と視聴者は驚きましたが、実は、大手広告代理店「電通」が国葬に関与しているというのは事実無根だった為、ネットでは非難の声が上がりました。

「菅さんへの名誉毀損ですよね?」

「自分の憶測でものを言い過ぎている」

などと、ネット上では炎上し、著名人からはアルピニストの野口健さんや橋下徹さんらがこの発言を問題視するコメントを発信しました。

翌日、9月29日の『羽鳥慎一モーニングショー』玉川徹の謝罪内容

羽鳥慎一モーニングショー テレビ朝日

翌日の番組の放送内で玉川さんは、

「昨日、私が安倍元総理の国葬に電通が関与しているとコメントしたんですが、事実ではありませんでした。さらに、電通は全く関わっていないということがわかりました。関係者の皆様、視聴者の皆様、訂正して謝罪致します。申し訳ありませんでした」

と間違いを認め、頭を下げました。

玉川徹さんの発言から謝罪までの動画

謝罪後も、批判は止みませんでした。

番組の降板を求める声もあるくらいでしたが、2022年10月4日の朝まで、放送に出演していました。

謝罪をしてから、沈静化するのを様子見していたのかもしれませんが、収まる気配がないため、今回の謹慎処分になったのではと考えられます。

玉川徹が炎上が続く理由はなぜ?

今回、謹慎処分が下されましたが、それでも、なお炎上が続いています。

謹慎処分になっても炎上が続いている理由は?

  • 事実を調べていないのに、事実であるかのように断言したことは大問題なのに、処分が甘い。
  • 謹慎10日では、秋休みのよう。
  • 以前から態度や発言が気になるが、玉川徹さんを注意出来る人はいないのか?
  • 人の話をひっくり返したり、周りが納得していないようだとヒートアップするくせは何?
  • フェイクニュースはやめてほしい
  • 玉川さんの謝罪の相手に菅さんがいなかった。
  • 菅さんに直接謝ってほしい
  • 電通にだけ謝っているように見えてしまった。

などの理由があります。

誰にでも間違いはありますし、謝罪はしているのですが、やはり、炎上が続く理由は、他にもあるようですね。

今までも玉川さんに甘かった局が、今回、処分を下した本当の理由とは?

スポニチアネックスさんの記事を引用させていただきます。

玉川氏の歯に衣(きぬ)着せぬ発言は番組の“売り”でもあったが、同時に“炎上”することも多々あった。

同局関係者は「これまではおとがめはなかったが、今回は全く事実に基づかない臆測での発言。

処分は避けられなかったのだろう」と話した。

一方で篠塚社長は、謹慎期間が終わった後に再び番組に復帰するとも明言。

関係者は「同時間帯に情報番組が並ぶ中、視聴率は常にトップ。それを支えているのは玉川氏の存在。

番組に戻すため、しっかり処分をしたとアピールしたかったのではないか」と内情を語った。

スポニチアネックス「テレ朝・玉川徹氏 10日間出勤停止の謹慎処分 復帰後は再度番組出演へ」より引用

電通発言を問題視するネットの声

Yahoo!のコメントで、問題点をわかりやすくまとめてみえる方がいましたので、引用させて頂きます。

①テレビ局員でありながら、事実に基づかずに他者の名誉に関わる発言をしたこと。

②「政治的意図がにおわないように、制作者はつくる」と発言し、メディア不信を加速させたこと。

③故人への弔辞に難癖をつけ、弔意を踏みにじった道徳的責任。

④そもそも国葬可否の議論と、菅さんの弔辞が感動的だったという話は本来別の話であるにも関わらず、国葬批判のために弔辞を批判したこと。

⑤取材もせずに、会社名を実名で挙げたこと

メディア人としての資質が問われる行為。 これだけの問題を冒している責任を考えると、謹慎10日は甘すぎるのではないでしょうか。本人だけでなく会社の資質が問われていると思います。

ヤフコメ

テレビ局員の発言としては、非常に危うい発言が多かったことがわかります。

ネットでの批判の声

アルピニストの野口健さんはこのようにコメントしています。

「公共の電波を使って裏も取らずに憶測のみで決めつけてしまう発言は最もやってはならないこと。まして、玉川氏はいちコメンテーターではなくこの放送局の社員。つまり『局を代表した上で発言されている』のだと、私は受け止めています。余計なお世話ですが退場処分を検討すべきでは」と厳しく批判した。

野口健さん

その他のネットの声。

テレ朝「モーニングショー」玉川徹氏の嘘発言問題。 玉川氏は出勤停止10日間に。 社員である玉川氏が取材もせず嘘の発言をし、「電通」という具体名を挙げた。嘘発言は株価にも影響を与えかねない。 会長、社長は責任を取らないのか。玉川氏は謹慎明けに普通に出演させるのか

このまま炎上が続くようですと、玉川徹さんは10日で帰ってこれるのでしょうか。

また、10日間は何をされているのか?気になりますね。

2022年10月19日追記

10月19日、玉川徹さんが謹慎処分明け、番組に初出演しました。

詳細について記事にまとめましたので、こちらもぜひご覧ください。

まとめ

玉川徹が謹慎処分されても炎上が続く理由はなぜ?電通発言へのネットの声

というテーマでお伝えしました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

日常の気になる話題やふとした疑問。

そんな時にお力になれるような情報を

丁寧にお届けしたいと思っています。

暮らしを楽しく面白くがモットーです。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる