映画「コリーニ事件」公式サイト » INTRODUCTION

この小説がきっかけとなり
ドイツ連邦法務省は「過去再検討委員会」を
立ち上げた

デビュー作の短編小説『犯罪』がドイツで45万部を超える大ベストセラーとなり、世界32か国で翻訳され、クライスト賞(ドイツの文学賞)を受賞。当時日本でも本屋大賞「翻訳小説部門」第1位になるなど大反響を呼んだフェルディナント・フォン・シーラッハ。

ドイツで屈指の刑事事件弁護士としても活躍し、自身で取り扱った事件をベースにした社会派ミステリーを多く執筆してきた彼の初長小説『コリーニ事件』。作中で語られた驚愕すべき“法律の落とし穴”がきっかけとなり、出版から数ヶ月後の2012年1月には、ドイツ連邦法務省が省内に調査委員会を設置した。文字通り“国家を揺るがした”小説、待望の映画化!

主人公ライネンには『ピエロがお前を嘲笑う』のエリアス・ムバレク。被告人コリーニにはジャンゴでお馴染みの名優フランコ・ネロ。監督は『クラバート 闇の魔法学校』(08)で数々のドイツ国内映画賞を受賞したマルコ・クロイツパイントナー。

マルコ・クロイツパイントナー監督
コメント

「原作の“正義”というテーマに惹かれた。具体的に言えば我々がふだん正義と呼んでいるものが本当にそうなのか、ということについて。この作品は “良心”についての物語で、正義のために立ち上がることが人間としてもっとも根源的な義務であることを示している――そして、いつだってその闘いには意味があるということも。」